プロフィール

PROFILE

梶原悠未(かじはらゆうみ) 

Yumi Kajihara

1997年4月10日生まれ
埼玉県和光市出身
身長155㎝
筑波大学大学院 人間総合学科学術院 人間総合学科研究群 博士前期課程 体育学学位プログラム 在籍

筑波大学 体育専門学群 卒業

国立筑波大学附属坂戸高校 卒業
埼玉県和光市立第三中学校 卒業

高校進学と同時に自転車競技と出会い、自転車競技部に入部したのがきっかけ。
その背景にあったものは、1歳から中学 3 年生まで競泳に取り組み、全国大会で表彰台にも上ったが、トップにはなれない悔しさから、新たな競技転向への決意が生まれたこと。
「一番になりたい」 負けることが大嫌いな性格から、進学した筑波大学附属坂戸高校で未知の世界である自転車競技と出会った。
全くの未経験から練習を始めて、経った2ヶ月で全国インターハイの切符を獲得してしまうほど、天性の才能を発揮していった。
初めてのインターハイでは落車で涙を流したが、その夏の全国都道府県大会では3位表彰台に立ち、「自転車競技に人生を捧げる覚悟」がついた。

そこからが自転車競技人生の始まり。 努力を積み重ね、高校 1 年生の終わりには全国選抜大会で出場3種目すべてにおいて有終の美を飾った。
その後、ジュニア アジア選手権大会で5種目優勝、 ジュニア世界選手権大会で2年連続 銀メダル獲得と目覚ましい活躍を遂げた。
筑波大学へ進学後はエリートカテゴリーに上がり、全日本選手権5連覇、3種目の日本新記録保持、アジア選手権大会4連覇、ワールドカップ日本人史上初の4大会優勝と成績を伸ばした。
2020年世界選手権大会では日本人史上初の金メダルを獲得し、世界女王としてマイヨ・アルカンシェルに袖を通した。
遂に東京オリンピック2020の火蓋が切っておとされた。
使命は東京オリンピックで金メダルを獲得し、自転車競技をこの日本でメジャースポーツにすること!

solterra.png
bridgestone.png
marumpop.png
bioracer.png
kabuto.png

©2020  YUMI KAJIHARA